福井県日向の「活け越し活〆あなご」

福井県日向の「活け越し活〆あなご」

福井県美浜町ひるが 永井賢一さん(やまじんさん)

ふっくら美味しい、若狭湾日向の『活け越し活〆アナゴ』。
日向と書いて「ひるが」と読みます。ここ、若狭湾日向地区は日本屈指の好漁場で、定置網をはじめ、刺し網漁・カゴ漁・筒漁・潜り漁など様々な漁を行っており、その魚種も多岐にわたります。若狭のグジ、若狭のサバを筆頭に、ウマヅラハギにアナゴ、モズクにアワビ、サワラにアオリイカ、そして冬には「ひるが寒ぶり」等々、四季を通じてお客様を飽きさせません。
今季最初のひるがの旬は、ファンも多い『ひるがの活け越し活〆あなご』。 活け越し(いけこし)とは、水揚げした穴子を生簀で数日落ち着かせること。この一手間で、水揚げ時に暴れたストレスが軽減され、さらに胃の中の餌も消化されるため、くさみのない旨味抜群のアナゴになります。説明だけだと簡単に聞こえるこの活け越し作業、日数を誤ってしまうと穴子が痩せてしまったり、死んでしまったりすることも。一番美味しい状態で活け越しを行うのも、熟練した漁師の経験がなせる技なのです。
このアナゴをお届けするのは、ひるがのベテラン漁師・永井賢一さん。春は筒漁(つつりょう)であなごを、夏は漕ぎ刺し網(こぎさしあみ)でアマダイを。他にも、刺し網でツバスやワラサの漁師をやる傍ら、地元の漁業組合の副組合長、冬には地元の定置網の船長も務めるスーパー漁師!ひるがでは、名前ではなく屋号で呼びあう風習があり、永井さんは皆から「やまじん」さんと呼ばれています。
やまじんさん「よっしゃ!絶対良いあなご送ったる!水槽に活かしてから〆て良い状態にしといたる!もう食うたか?うまいやろ!」 この人の言葉にウソはありません。これから旬を迎える日向産アナゴ料理を一口味わえば、もはや説明はいらないでしょう。
永井さんの活〆あなご、是非ご賞味ください!(鮮魚バイヤー 倉本)
※入荷状況は、お近くの各店舗にお問い合わせください。 店舗一覧はこちら

漁師のおすすめ

北三陸の「キタムラサキウニ」

北三陸からお届けする“今が旬”。今回は、岩手県洋野町の澄んだ海中で育った初夏を彩る味覚「キタムラサキ...

宮崎県島野浦の「今朝ドレ鮮魚」

宮崎県北の離島「島野浦」の沖合いは、豊後水道と黒潮が交わり、昔から「イワシの舞う海」と呼ばれてきた好...

陸前高田の「雪解け牡蠣」

陸前高田からお届けする“今が旬”。今年もこの季節がやって参りました「雪解け牡蠣」のご紹介です。 ...

陸前高田の「どんこ」

「おーい!おめぇ、どごさいる?」と、威勢の良い声の主は、瑞穂丸(ズイホマル)の大ちゃん。 電話越し...

福井県日向の「ひるが寒ぶり」

本格的な冬の寒さが到来する12月から2月ごろにかけて、北陸の各漁港では「寒ぶり」漁の最盛期を迎えます...

陸前高田の「アイナメ」

台風10号の被害を受けて以来、すっかり海の状況がおかしくなってしまった三陸沖ですが、久しぶりに漁師の...

宮崎県島野浦の「今朝獲れヒラソウダ」

いつの間にか夏が過ぎ、台風が心配な季節がやってきました。 南国宮崎より、本日は地魚「ヒラソウダ」の...

福井県日向の「甘鯛」

福井県日向で、アマダイの漕ぎ刺し網漁が解禁されました。資源保護の為、古くからこの8月のひと月だけ限定...

宮崎県島野浦の「今朝獲れメイチダイ」

ここ数日は全国各地で「猛暑日」になっている様ですが、うだるような暑さが続く南国宮崎より、夏のウルトラ...

宮崎県の「一本釣り初ガツオ」

カツオファンの皆様、お待たせ致しました。南国宮崎より、早くも初ガツオの季節到来です。 宮崎県は...

宮城県東松島の「白魚」

白魚と書いてシラウオと呼びます。春の季語にもなっている、季節を感じる旬魚です。 昭和初期までは、東...

北海道野付の「特大活けホタテ」

今年も、野付産の大きなホタテのシーズンがやって来ました。 野付の帆立は「日本一大きい」とも言われる...

陸前高田の「米崎牡蠣」

四十八漁場にお越しの皆様、初めまして。陸前高田の牡蠣生産者 佐々木学です。 陸前高田よりお届けする...

福井県日向の「ウマヅラハギ」

日本海の暖流と寒流が交わる若狭湾では、ブリやサワラをはじめ四季折々の豊富な魚種が水揚げされます。潮流...

陸前高田の「神経〆アイナメ」

東北の代表的な根魚でもあるアイナメ。「食べると美味な愛すべき魚」からその名前が付いたとも言われ、江戸...