師直結の魅力

四十八漁場のおいしさの理由

漁師のおすすめ北三陸の「キタムラサキウニ」

北三陸の「キタムラサキウニ」

岩手県洋野町 キタムラサキウニ

北三陸からお届けする“今が旬”。今回は、岩手県洋野町の澄んだ海中で育った初夏を彩る味覚「キタムラサキウニ」のご紹介です。
ウニは苦いから苦手。なんて言葉を聞いたことはありませんか?それはウニが苦いのではなく、ウニを美しく見せるために使用した食品添加物が原因、というのが殆ど。当店では、甘く上品で濃厚な、正真正銘自然のままの「本物のウニの味」をお楽しみいただけます。
洋野町で、町民が一丸となってウニを作り育てる事業を起こしたのは遥か昔。養殖業が出来ないこの町において、約40年前に浅瀬の岩盤に溝を掘り、ウニが生息できる環境を揃えた「ウニ牧場」を整備することで、ウニの栽培漁業を行っています。
冬の間に沖から搾取した子供のウニを、味の決め手となる「昆布」や「わかめ」などの餌が豊富に育った「ウニ牧場」に移し育てることで、実入りが良く、甘く濃厚で、上品な味を持ったウニの収穫につながります。ウニが生息できる最高の環境を構築したことで、実に4年の歳月をかけ、絶品のウニが水揚げされるのです。
そのウニひとつひとつに手作業で、「つぼ抜き」という大変手間のかかる処理が加えられます。 「つぼ抜き」を行う地元のおばちゃん達の、繊細で職人的な手しごとにより、洋野町の特別なウニが誕生します。
人間の技と自然環境が4年の歳月をかけて育てた味わい。 口の中に広がる特別な甘味、鼻に抜ける特別な香り・・・これまでお召し上がりになられたウニとはまるで「べつもの」の味わいをお客様にお届けしたい私達と北三陸の想いを込めて、”今が旬”の特別なウニを是非ご賞味くださいませ! (東北・北海道バイヤー 長野泰昌)
※入荷状況は、お近くの各店舗にお問い合わせください。 店舗一覧はこちら

漁師のおすすめ

宮崎県島野浦の「今朝ドレ鮮魚」

宮崎県北の離島「島野浦」の沖合いは、豊後水道と黒潮が交わり、昔から「イワシの舞う海」と呼ばれてきた好...

陸前高田の「雪解け牡蠣」

陸前高田からお届けする“今が旬”。今年もこの季節がやって参りました「雪解け牡蠣」のご紹介です。 ...

陸前高田の「どんこ」

「おーい!おめぇ、どごさいる?」と、威勢の良い声の主は、瑞穂丸(ズイホマル)の大ちゃん。 電話越し...

福井県日向の「ひるが寒ぶり」

本格的な冬の寒さが到来する12月から2月ごろにかけて、北陸の各漁港では「寒ぶり」漁の最盛期を迎えます...

陸前高田の「アイナメ」

台風10号の被害を受けて以来、すっかり海の状況がおかしくなってしまった三陸沖ですが、久しぶりに漁師の...

宮崎県島野浦の「今朝獲れヒラソウダ」

いつの間にか夏が過ぎ、台風が心配な季節がやってきました。 南国宮崎より、本日は地魚「ヒラソウダ」の...

福井県日向の「甘鯛」

福井県日向で、アマダイの漕ぎ刺し網漁が解禁されました。資源保護の為、古くからこの8月のひと月だけ限定...

宮崎県島野浦の「今朝獲れメイチダイ」

ここ数日は全国各地で「猛暑日」になっている様ですが、うだるような暑さが続く南国宮崎より、夏のウルトラ...

宮崎県の「一本釣り初ガツオ」

カツオファンの皆様、お待たせ致しました。南国宮崎より、早くも初ガツオの季節到来です。 宮崎県は...

福井県日向の「活け越し活〆あなご」

ふっくら美味しい、若狭湾日向の『活け越し活〆アナゴ』。 日向と書いて「ひるが」と読みます。...

宮城県東松島の「白魚」

白魚と書いてシラウオと呼びます。春の季語にもなっている、季節を感じる旬魚です。 昭和初期までは、東...

北海道野付の「特大活けホタテ」

今年も、野付産の大きなホタテのシーズンがやって来ました。 野付の帆立は「日本一大きい」とも言われる...

陸前高田の「米崎牡蠣」

四十八漁場にお越しの皆様、初めまして。陸前高田の牡蠣生産者 佐々木学です。 陸前高田よりお届けする...

福井県日向の「ウマヅラハギ」

日本海の暖流と寒流が交わる若狭湾では、ブリやサワラをはじめ四季折々の豊富な魚種が水揚げされます。潮流...

陸前高田の「神経〆アイナメ」

東北の代表的な根魚でもあるアイナメ。「食べると美味な愛すべき魚」からその名前が付いたとも言われ、江戸...